FC2ブログ
便所飯でもしながらつらつら読んでください
FF15クリアしました

全クリ

8章?くらいの船乗るまではいろいろウロウロしていたけれど、それ以降は元の町に戻れないみたいだったからサブイベントこなさずに進めた

一応終盤に他の町とか行けるようになるみたいだけど話進めたかったから一気に行きました

それやらずにまたサブクエストやって行ってたら60,70時間以上かかっていただろうな



カメラが趣味なキャラがいて、一泊するたびに撮った写真を確認して保存できるんですよ

最終決戦前に主人公が旅の写真を一枚持っていきたいって言うからニヤニヤしながらカップヌードルの写真選んだらこんなことになってしまった

日清のカップヌードルの宣伝看板を写した写真とかもあってコレにしてやろうかとかも思ってた

フツーにもっといい写真にすればよかった

80枚くらい保存してたから選ぶの苦労した

コレはサブイベントで仲間の生理中ヒステリー筋肉ゴリラがカップヌードルっていう、うまいもんに最高の肉のっけたら最高にうまいんじゃねーのってなってベヒーモス倒してその肉のせて食うっていう最高にアホなイベントで手に入る写真



カップヌードル
なんだこれ
オレ次からもっと美味しくカップヌードル食べられる気がする
うける
イグニス


ハイハイ

ていうかこの選んだ写真をエンディングで使うんじゃねーよ

更にもっといい写真使っておけばよかったってなったわ

ていうか死ぬほど悪く言われているほどには悪くない気がする

まぁ、はぁ?っていうところは結構あるし超展開じゃないけど重要っぽいキャラがそんな簡単に退場すんの?って感じだし死ぬにしてももうちょいカラミあってもいいじゃんって気になる

戦闘はクッソ狭いところで大量に敵が出てきて一方的にボコられるの勘弁だわ

魔法使ったら仲間もくらって呻き声聞こえるし

□ボタンで残像回避はスタイリッシュで最高にカッコいいしクールだ

ゲームとしてプレイする分には楽しめたと思うけど、シナリオとか駆け足感がある

サブイベントがいっぱいありすぎるせいかメインシナリオが薄く感じてしまうんだよなぁ

実際のところ8章から14章のゲームクリアまでは一晩で終わらせてしまった

ネットでネタにされてるやっぱつれーわも見たらフツーにいいシーンだった

セリフが最初は何だコイツら死ぬほどチャラいしホントに王子様御一行かよって感じだったけど軽いノリで最後まで行くし笑った

でも、どこか昔はあんな軽いノリだったよな、を感じさせるような雰囲気だったしボクはいいと思った

オッサン化したあとのストーリーで仲間攻撃しようとしたらまだそんなことしてんのwwwみたいなこと言われて感動してちょっと泣きそうになったわ

13章は糞ってやたら言われてたから身構えてたけど、別に何ともなく新しい武器を楽しんでた

けど、それは17GBのアップデートをしたからだったようだ

発売当初はもっと面倒だったらしい

なるほど、かなりゆとり仕様で最初からプレイできていたということか

むしろこのアップデート後FF15をみんなプレイしていればココまでボロクソに言われていなかった気がする

リヴァイアサンとかラスボスとの戦いとか面白かったし、アクション嫌いだけどそこそこやれたきがする

ただ、いちいちクソしょうもないミニゲームというか尾行イベントとかさせるのホント糞

FF7でも最初のダンジョンでバレットとティファと一緒のタイミングでボタンを押して扉を開けろ!みたいなのが全くできなくてやる気なくなったし、敵の基地にイルカからジャンプして飛び移るってのも全くできなくて数か月やる気なくさせられたし

そういうのは本当にミニゲームでやってくれマジでイベントの途中とかに入れてくるな

それだけ独立させたものにしてくれ

それがあったからFF15でもチョコボレース?ってのもあるらしいけどやってすらいないし今後まったくやらないだろう

まぁ、なんていうのかな、ボクはゲームが下手なんだよねそもそも

いや、こういうゲームはなぁっていうのが結構ある

要はちまちまやってるゲームが好きってことなんですわ

ただ、「やり込み要素」として最初からゲームでこうしろああしろがあるのは嫌い

全くもって無駄なのにクソ強くしたりして達成感!みたいなものがありますね

うん

そんな感じです

なんかもっと安くて売ってるとこ探せばあったかもしれんけどまぁ、いいか

とりあえず世界救えたわ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pmfh.blog129.fc2.com/tb.php/469-39b25b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック